彼氏に気持ちが冷めたと言われた

恋愛の悩み

彼氏に気持ちが冷めたと言われけど別れたくない!距離を置くべき?

「彼氏に気持ちが冷めたと言われたけど別れたくない!どうすればいい?」

「気持ちが冷めたと言われたら、距離を置くべき?」

「彼氏の気持ちを取り戻す方法はある?」

この記事をお読みのあなたは、上記のような不安や焦りをお持ちではないでしょうか。

彼氏の気持ちが冷めてしまったのには、必ず何か原因があるはずです。

また、一度冷めてしまった気持ちも、何かきっかけを与えることで変えることは可能なはず。

そこで、この記事では気持ちが冷めてしまった彼氏の心理や、今あなたがとるべき対処法について解説します。幸せな時間・気持ちを取り戻すため、ぜひ参考にしてください。

冷めた彼氏の気持ちを取り戻すきっかけに!



マリッジセンス



リビドーベリーロゼ
キンモクセイ、もも、あんずの爽やかな香り ベリーとイランイランやムスクの甘くセクシャルな香り
女性フェロモンを増加させる『センスフィール』配合 『オスモフェリン』という女性ホルモン配合

詳細を見る

詳細を見る

この記事を書いた人

tameda
長崎県出身、東京都在住。妻とウサギ二羽と4人暮らし。
恋愛系ライター歴約2年、複数のメディアで執筆しています。離婚歴もあり、数多くの恋愛をしてきた経験から、男性目線で役立つアドバイスを提供できるよう心掛けています。

「冷めた」という彼氏の心理・本音

彼氏の気持ちが冷めてしまったのには、必ず原因があるはずです。

その原因を踏まえて、気持ちが冷めたと言った彼氏の心理や本音を深掘りしていきます。

価値観の違いを感じた

二人で過ごす時間の中でお互いの価値観の違いが表面化してくると、どうしてもすれ違いが生じる部分が出てきます。

些細なことがきっかけでケンカになり、二人の間に生じた亀裂が時間と共に大きな溝となってしまうこともあります。

価値観の違いからケンカに発展すると、仲直りした後も「あの時の〇〇が許せない」といった感じで、嫌だと感じた部分は残り続けるでしょう。

また、一度価値観の相違を感じてしまうと、ことあるごとに「やっぱり合わない」と感じてしまうもの

その回数が重なると、好きだったはずの気持ちは薄れて冷めきってしまうのです。

世の中には、全く同じ価値観の人は誰一人としていません。

価値観は人生経験を経て形成されていくので、血が繋がった家族でも一人ひとり価値観は違います。

二人の価値観を揃えることは難しいので、カップルにはお互いの価値観や考え方を理解しようとする歩み寄りが必要だといえます。

将来をイメージできない

価値観の違いを感じてしまうと、二人で一緒に過ごす明るい将来をイメージできなくなってしまうことがあります。

二人で長年連れ添うイメージができないことで、気持ちがだんだん冷めていってしまうのです。

「恋人としてはアリだけど、結婚は考えられない」

そのような結論に至ってしまい、気持ちが離れていってしまうのでしょう。

他に熱中していることがある

男性は仕事や趣味などに熱中していると、時間的な余裕がなくなって恋愛に対する熱意が冷めてしまうことがあります。

つまり、恋愛よりも重要視したいものがあるということになり、これも価値観の違いの一種だといえます。

人によっては、一つのことに集中すると他のことは何も考えられなくなる方もいます。

自分が熱中したいことに注力した結果、彼女への気持ちが冷めていってしまうのです。

彼女の気持ちが重たい

彼女が彼を思う気持ちが強すぎると、時としてそれが彼にとっての重荷になってしまうことがあります。

特に、前述したような他に熱中していることがある男性は、彼女との間に恋愛に対するスタンスや熱量の違いを感じてしまうことがあるようです。

  • 連絡をとっていない時間がひとときもない
  • 女友達と話しているだけで彼女が嫉妬してしまう

例えば上記のようなときに、彼女の気持ちを重たいと感じてしまう男性もいます。

やはり、これも価値観の違いの一種です。

相手のことを強く思う気持ちはとても素晴らしいことですが、それが相手にとって負担にならないよう注意しなくてはいけません。

マンネリ化してしまった

ある程度長く交際していると、どうしてもマンネリ化してしまう部分はあるはずです。

特に飽きっぽい性格の人はマンネリ化を感じると気持ちが冷めてしまう傾向があります。

例えば、デートの内容や会う頻度、人によっては会話の内容がマンネリ化してしまうこともあるでしょう。

マンネリ化を感じると、付き合いたての頃のようなドキドキ感や新鮮さがなくなり、一緒に過ごす時間に楽しみを見いだせなくなってしまいます。

良くいえば「一緒にいるのが当たり前になった」と捉えられますが、悪くいえば「一緒にいてもつまらない」と感じてしまうのです.

マンネリ化しているなと感じている場合、フェロモン香水を使って彼氏の本能を刺激すると効果的です。

参考記事:女性用フェロモン香水の効果は絶大?最強のモテ香水を紹介

他に好きな人ができた

他に好きな人ができたことをきっかけに、彼女への気持ちが冷めてしまう男性もいます。

人が人を好きになるときは、一切の理屈が通用しない場合もあるはずです。

恋人がいるのに他の人を好きになってしまうことも絶対にないとは言い切れないでしょう。

ただし、彼の方から気持ちが冷めた理由として「他に気になる人がいる」といってたときは鵜呑みにしない方がいい場合もあります。

本当は他の理由があっても、それを悟られないために嘘をついている可能性も考えられるからです。

また、その場合は自分を守るための嘘ではなく、彼女を傷つけないために嘘をついていることも考えられます。

彼氏に冷めたと言われたけど別れたくない場合の対処法

彼氏に冷めたと言われても、別れることだけは避けたいという方も多いでしょう。

「冷めた」と言われただけで「別れたい」とは言われていない場合は、適切に対処することにより別れなくて済む可能性はあります。

ただし、自分の感情に任せて言葉を発したり行動したりしてしまうと、彼氏の気持ちをさらに遠ざけることになり兼ねません。

大好きな彼氏との別れを回避するために、以下の対策をとることをおすすめします。

彼氏が冷めた理由を自分なりに考える

まずは、彼氏が冷めた理由を自分なりに考えてみましょう。

彼氏から何らかの理由を告げられていたとしても、本心はまた別にある可能性もあります。

これまでの二人の付き合い方や彼氏の様子などから、彼氏の心理を想像してみてください。

今あなたがとるべき適切な行動は、彼氏の心理状態によっても変わってくるはずです。

直すべき部分は直す

これまでの交際を振り返って、自分に至らない点が思い当たった場合は改善するよう努力しましょう。

ここで大切なことは、直すべき部分を改善する意思を言葉ではなく結果で示すことです。

例えば、遅刻グセを改善するのなら「もう絶対遅刻しないから!」と伝えたところで、彼氏には響かないでしょう。

その後の交際の中で、毎回待ち合わせ10分前には到着するようになってはじめて、あなたの熱意が彼氏に伝わるはずです。

言葉で伝えているだけでは「別れたくない」というあなたの意思を彼に押しつけているに過ぎません。

行動で示すことで、彼の気持ちを理解したことを相手に提示できます。

彼氏に冷めたと言われたときは、まずは自分の至らない点を改善し、行動で示しましょう。

彼氏が望む距離感やペースに合わせる

冷めてしまった彼の気持ちを取り戻すには、ある程度距離を置くことも必要です。

会うペースや連絡の頻度など、彼氏が望む距離感やペースに合わせてあげましょう。

「本当はもっと頻繁に会ったり連絡とったりしたい」と思っても、グッと堪えて彼氏の気持ちを尊重することが大切です。

気持ちが冷めたと感じている彼氏に、熱烈なアプローチをするのは逆効果です。

彼氏にとっても、二人の関係性を今一度見直すためには時間が必要なはず。

あなたにとっては辛い時期ですが、彼氏が望むペースに合わせてあげてください。

適度に連絡をとる

彼氏が望むペースに合わせながらも、完全に連絡を途絶えさせてしまうとそのまま自然消滅してしまう可能性があります。

彼氏の中であなたとの恋愛が過去のものになってしまわないように、適度に連絡をとることが大切です。

具体的には、これまで常に連絡を取り続けることが当たり前だったのなら、3~5日ほどはそっとしておいた方がいいでしょう。

また、一度連絡しても長々とやりとりするのは避けた方が賢明です。

2~3週間ほどかけて短いやりとりを何度か繰り返し、お互いに気持ちの整理ができたタイミングで会う話を提案するといいでしょう。

会っている間はいつもどおりに接する

気持ちが冷めたことを告げられたあとも、会っている間は変に意識せずにいつもどおりに接するようにしましょう。

「どんな顔して会えばいいかわからない」という気持ちはわかりますが、会っている間に落ち込んでいる表情を見せてしまうと、彼の気持ちがさらに冷めてしまう恐れがあります。

普段どおりのあなたの人柄で接してあげることで、相手も居心地の良さを感じて冷め始めていた気持ちに再び灯がともるかもしれません。

変につくろったり相手を意識したりせずに、自然体のあなたでデートを楽しみましょう。

楽しい気持ちや笑顔は、一緒に過ごす相手に伝染するものです。

一度は気持ちが冷めてしまった彼氏も、本当の自分の気持ちに気づく結果になるかもしれません。

二人の思い出の場所にいく

彼氏の気持ちを取り戻すために、二人の思い出の場所に出向くのも一つの手段です。

「初めてデートした場所」「告白された・した場所」など、二人だけの思い出の場所に出向いてみましょう。

付き合い始めた頃の甘酸っぱい気持ちがよみがえり、あなたへの気持ちが再燃するかもしれません。

別れにつながってしまうNG行動

彼氏から気持ちが冷めてしまったことを告げられたとき、以下のような行動をとってしまうと別れに繋がってしまう恐れがあります。

冷めたと言われただけの段階では、まだ望みがつながっている状態です。

望みの糸を自ら切ってしまわないよう、十分注意してください。

「別れたい?」と聞く

気持ちが冷めたと言う彼氏に対して、あなたの方から「じゃあ、別れたいってこと?」と聞くのはNGです。

気持ちが冷めたとあなたに伝えてきた彼氏は、おそらくこれからの交際やあなたとの関係性について迷っている・悩んでいる状態でしょう。

そんな状態で「別れたい?」と聞かれた彼氏は、いますぐYESかNOかの二択に答えなくてはならないと錯覚します。

現に気持ちが冷め始めている彼氏は明るい未来を想像できず、「別れたい?」と聞かれたらYESを選択してしまう可能性が高いはずです。

「別れたい?」と聞かれた瞬間に「時間を置いて考える」という選択肢はなくなり、今の自分の気持ちに近い「別れ」を選択してしまうのです。

「別れたい?」と聞くことで「そんなことないよ」という返答を得たいという気持ちはわかりますが、気持ちが冷めたことを告げてきた彼氏から望ましい返答を得られる可能性は低いはず。

自分の首を絞めてしまう結果になり兼ねないので、注意してください。

特に、LINEで彼氏に「冷めた」と言われた場合は、「別れたいってこと?」などと返信しないようにしてください。

冷めた理由を聞く

気持ちが冷めたと告げてきた彼氏に、その理由を聞くことは得策ではありません。

なぜなら、彼自身もなぜそうなったのか自分でわかっていない可能性があるからです。

そのようなきっかけで彼を問い詰めるような質問をしても、彼を混乱させてしまうだけでしょう。

ただでさえ、彼氏は「自分の気持ちがよくわからない」という混乱した状態であなたに現状を告げてきたのかもしれません。

そこにさらに彼を混乱させるような問いかけをしてしまうと、「もう面倒だから別れたい」という結論に達してしまいかねません。

彼氏の気持ちが冷めてしまった理由は、あなたも彼自身もこれまでの交際期間を冷静に振り返って初めて気づくものです。

彼が自らその理由を語り出すまでは、そっとしておいてあげた方が賢明でしょう。

話し合いを要求する

気持ちが冷めたことを伝えてきた彼氏に対して、話し合いの機会を持つよう要求するのはNGです。

「気持ちが冷めた」は彼自身が感じている現状であり、彼自身も気持ちの整理がついていないはずです。

話し合いは、建設的に考えるからこそ意味があるもの。

「どうして気持ちが冷めたの?」「どうしたらまた気持ちが戻る?」という議題は、話し合いというよりは質問責めに近いでしょう。

結果的に彼氏を追いつめてしまい、自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

頻繁に連絡する

気持ちが冷めた彼氏の心を取り戻すためには、お互いに二人の関係性や自分自身を見つめ直す時間が必要です。

普段どおり、もしくは普段以上に頻繁に連絡してしまうと、その時間は一向にとれないでしょう。

結果的に「やっぱり俺の気持ちをわかってくれない」と受けとられ、別れを決意されてしまうかもしれません。

距離を置いている間は、普段よりも連絡を控える方が賢明です。

気持ちが冷めた彼氏と別れてしまったときの復縁のコツ

場合によっては「気持ちが冷めてしまったから別れたい」と言われるケースもあるでしょう。

別れを切り出されたとしても、そのときの対応や別れたあとの接し方、そしてあなたの努力次第で復縁できる可能性はあります。

最後に、気持ちが冷めた彼氏と別れてしまったときの復縁のコツをお伝えします。

感謝を伝えて綺麗に別れる

彼から別れたいという意思を伝えられたら、彼の気持ちを素直に受け入れた方が復縁につながりやすいです。

これまで一緒に過ごしてくれたことに対する感謝の気持ちを伝え、キレイに別れましょう。

泥沼化した状態で別れてしまうと、彼の中であなたと過ごした時間は「悪い思い出」として認識されてしまいます。

「終わり良ければ全て良し」という言葉があるように、綺麗に別れられるとあなたとの恋愛は彼の中で「楽しかった思い出」として認識されるはずです。

「楽しかった思い出」は時間が経つごとに美化されますが、「悪い思い出」は時間が経つごとに腐敗していきます。

「最悪の別れ方をした」と認識され、彼にとって思い出したくない過去になるはずです。

あとあとの復縁に期待するために、彼のことを思うのならひとまず綺麗に別れるのが得策だといえます。

友達として関係を持ち続ける

復縁を狙うために、彼とは友達として関係を持ち続けていきましょう。

そのためにも、やはり綺麗に別れることは必要です。

もともと恋人関係だった二人なら友達としても良い関係を築けるはずです。

友達としての関係を続けていけば、また何かがきっかけで彼の中に恋心が芽生えるかもしれません。

友達として交流していても、相手のことを思い続けるのはあなたの自由です。

相手の気持ちが変わるタイミングを待つために、自分の魅力を相手にアピールしていくためにも、友達として良好な関係性を築いていきましょう。

自分を磨く

彼と友達としての交際を続けながら、自分を磨く努力をしていきましょう。

ここでいう自分磨きは、外見・内面の両方に対してです。

髪型や服装などをイメチェンしたり、読書をして内面を磨いたり、自分の魅力を高めていってください。

友達として彼と接点を持ち続けていれば、彼もあなたの変化に気づくはず。

あなたの新しい魅力が、彼のハートを射止める武器になるかもしれません。

まとめ

彼氏に気持ちが冷めたといわれただけでは、まだ別れを覚悟するには早すぎます。

彼自身も自分の気持ちを整理できず、辛い思いをしながらあなたに今の気持ちを伝えてくれたのかもしれません。

彼も悩んだり迷ったりしている状態なので、まずは刺激を与えずにそっとしておいてあげることが必要です。

彼氏に気持ちが冷めたと言われたら、まずは少し距離を置いた方がいいでしょう。

そのうえでこれまでの交際を振り返り、自身に問題がある場合は改善が必要です。

また、距離を置きつつも、彼氏と一緒に過ごす時間は心から楽しみましょう。

楽しい気持ち・嬉しい気持ちが彼にも伝染し、二人の気持ちが再び一点に集まるようになるかもしれません。

人気記事
女性向けフェロモン香水
女性用フェロモン香水の効果って本当にあるの?プラセボ効果で錯覚してるだけ?

「女性用フェロモン香水を使ってみたいけれど、本当に効果あるの?」 「フェロモン香水をつけたら好きな男性に食事に誘われたという口コミを見たけど、本当にそんなことってある?」 「フェロモン香水の効果って、 ...

続きを見る

-恋愛の悩み